Life is alright。

しろくまがいるブログʕ·ᴥ·ʔฅ

著作権を気にせず漫画のコマを貼れるマンガルーは使える?メリットデメリットを考察。登録方法や使い方も紹介

(2017/8/17更新)

ブログやSNSで何かを発信する時に、ここで伝えたい気持ちってあのマンガのあのコマだよなぁって思ったことはありませんか?

そんな時に著作権を気にせずに自由に貼ることができるサービスが2/28に始まりました。

実際に使ってみて、メリットデメリットが見えてきましたのでお話します。

サービス概要

f:id:bucchiz:20170302011832p:plain

このサービスが利用できるのは「マンガルー」と呼ばれるサイトです。

マンガルー - 有名マンガのコマをWebサイト、ブログ、SNSで使える無料Webサービス

権利済みのマンガのコマを無料でWEBサイト・ブログ・SNSに使えるWEBサービスです。

 

運営会社

運営会社は2017年2月に設立されたばかりの株式会社ムーヤンです。

このWEBサービスのために設立された会社のようですね。

株式会社ヤンと株式会社ムービングスクワッドが出資して設立しています。

 

使い方

では実際にどうやって使うか実際に登録してみましたので紹介します。

審査申し込み

まずは自分のブログやSNSを審査してもらいましょう。

f:id:bucchiz:20170302000151p:plain

TOPページの「マンガルーを利用開始」をクリックします。

 

f:id:bucchiz:20170302000258p:plain

次に申請に必要な情報を記入していきます。

メールアドレス 登録用のメールアドレスを入力します
サイト運営者 ブログの管理人の名前もしくはSNSの利用者名を入力します
本名でなくてよいと思います。私はしろくまで申請通りました。
サイト名 ブログならブログタイトル、SNSならTwitterとかFacebookとかでいいはずです
利用するサイトURL ブログURLか、SNSならID(https://twitter.com/ID)を入力します

 

申請が完了すると、半日くらいで結果がメールで送られてきます。

※私は昼に申し込んで夜には許可メールがきました

 

コマを探す

f:id:bucchiz:20170302001504p:plain

まずはログイン後、TOP画面の「まずは切り抜いてみよう」か「コマをつくる」をクリックします。

 

f:id:bucchiz:20170302001638p:plain

そうすると候補のマンガがずらっと出てきます。

3/1現在、73冊のマンガから選ぶことができます。

アカギ、天、ムダヅモなき改革、カイジ、銀と金、ポプテピピック、メイドインアビスなどなど。

全体的に麻雀漫画が多いですね、あと初めて聞くようなマイナーなマンガもありました。

 

ここから気に入ったコマが載っているマンガを探します。

 

では私も大好きな「アカギ」からコマを探してみます。

アカギをクリックすると、マンガが1巻まるまる見れるページに移動します。

ここから気に入ったコマを探します。

 

f:id:bucchiz:20170302003548p:plain

左の枠でマンガが1巻まるまる見れますのでスクロールしながらコマを探します。

※マンガの内容なのでモザイクかけています。

気に入ったコマでクリックすると切り取り線が出てきますので、範囲を指定します。

そうすると右の画面に切り取ったコマが表示されますので、よければ「コマ作成」をクリックします。

 

f:id:bucchiz:20170302002921p:plain

そうすると埋め込みコードが表示されます。

 

コマを貼り付ける

大きさや横幅を指定して、埋め込みコードをコピーしてHTML編集で貼り付けるとこんな感じになります。

画像の上にカーソルオーバーするとマンガ名や書店へのリンクが表示されます。

これでマンガ自体の紹介と書店への導線も確保できるというわけですね。 

タグで検索

また、タグを使ってコマを検索することもできます。

f:id:bucchiz:20170302005808p:plain

わざわざマンガを見てコマを探すよりも便利ですね。

 

「いつ使うんだよ」タグとかなかなか面白い。

 

 

メリットデメリットについて

メリット

  1. 著作権を気にせずに漫画のコマを使える
  2. コマの大きさなど細かく指定できるUIがなかなかよい

著作権をすごく気にしているけど漫画のコマをすごく使いたい人であればベストなサービスではないでしょうか。

そしてUIはなかなかよいですね。切り取って貼り付けるという作業を極限までシンプルにしています。

 

デメリット

  1. 使用するのにユーザ登録が必要
  2. 使いたい漫画がない(漫画が少ない)
  3. コマの上に表示されるアフェリエイトリンクが煩わしい

1はまぁしょうがないにしても、2,3が厳しいですね。

2に関して。普通、漫画のコマを使いたい時ってそこそこメジャーなマンガのコマじゃないでしょうか。でもメジャーな漫画はない。仕方ないから登録されている漫画の中から使いたいコマを探すしかありません。しかしなかなか使いたいコマが見つからない。そのうちに面倒くさくなって使わなくなる。私は実際にそうでした。わざわざ漫画のコマを使いたいことがそもそもないんですよね・・・。

3に関して。PCはまだよいですが、スマホだとタップすると画像の上にアフェリエイトリンクが表示されて画像そのものが見えない。そもそも誤タップしてリンク先が開いてしまって面倒くさい。実際に私もこのページをスマホで見た時にアフェリエイトリンクが表示されてちょっと「ウザっ」て思ってしまいました・・・。

 

まとめ

・ブログやSNSにマンガのコマを貼れるマンガルーというWEBサービスがある

・無料で許可ありなので気兼ねなく使える

・使用可能なマンガは3/1で73冊。今後も増えていく予定

・使う場合はブログかSNSをやっている必要があり、申請が必要

・メリットデメリットがある

・私はデメリットが大きかったので今後はあまり使わないかも

 

以上ブログやSNSにマンガのコマを無料で許可ありで自由に貼れるWEBサービス「マンガルーを紹介しました。

 

メリットデメリットがあるので、人を選ぶサービスかもしれません。私は使わないと思いますが、今後漫画が増えたり、どうしても使いたい場面があれば使っていく可能性はあります。

他にはないホワイトなサービスなので、業界の活性化という意味では今後も運営していってほしいとは思います。