Life is alright。

しろくまがいるブログʕ·ᴥ·ʔฅ

ブログ運営報告のメリットデメリットについて。実際に報告をやめて気付いたあれこれ

f:id:bucchiz:20170913001055j:plain どうも! しろくま(id:bucchiz)です。


ブログを初めて10ヵ月が経とうとしています。よくここまで続けられたもんだと自分を褒めてあげたい!٩( ‘ω’ )و


今日はそんなブログでの「運営報告」について考えてみたいと思います。実は僕は毎月書いていた運営報告記事を6月から書いていません。その理由や、書いていた時とやめた時を経験して気付いた運営報告のメリットデメリットについて話したいと思います。

憧れていた運営報告

このブログを本格的に始めたのが今年の1月。それから1か月毎に「X月運営報告」という記事を公開していました。PV数や人気記事TOP5、収益などなど。


どうして運営報告をしていたかというと、打算があったわけではなく、単純に「憧れていた」からです。


ブログを始めた当時、いつも読んでいたブログの諸先輩方が「X月運営報告」をするわけです。その中で語られる「XX万PV達成!」の文字が眩しくて、憧れでした。


いつか自分もそんなPVを叩き出して記事として公開してみたい! そう思いました。


最初は恥をさらけ出す運営報告


そしてブログを初めて1か月目に初めて運営報告記事を書きます。ただ、PVなんて恥ずかしい数値なので「XXPV達成!」なんて書けません。文章の中で細々と「今月は1500PVでしたが今後は~~~」みたいな感じで発表してました。


内容的には、今後の方向性とか目標とかを書いていました。そんなに大したことを書いてはいません。今見返してみると何とも恥ずかしい内容です。


でも、意外に反響があったんですよね。スターもそこそこもらえましたし、ブコメもつきました。運営報告ってブロガーさんにとってはすごく興味深くて応援したくなるものだということが分かりました。実際に僕も他のブロガーさんの運営報告記事は見かけるたびに読んでいましたし。


長かった低迷期


そして2か月目、3か月目と運営報告をしていきます。ただPVは相変わらず伸び悩んでいたので、半分自虐ネタみたいになっていました。

「全然他の方には敵わないけど~~」

「もう1日に10PVでもあれば満足」

「3ヵ月目の運営報告で自分と同じPVの人を見たことがない」

とか。今思えば恥ずかしい発言ばかり。
※すでに記事は削除済み。


ただ、4か月目に入って、プチバズを経験したり、新着エントリーに載ったりでPVもなんとか人様に話せるくらいには上がってきました。


そしてやっと4か月目の報告でやっと「XXPV達成!」を書けたのでした。まぁそれでも数千PVですが。


そして経験する憧れの月1万PV超え


アクセスが増える記事もなんとなく分かってきた5か月目、ついに1万PV超えを果たしました。というか3万PV超えでした。ある記事がGoogleのお眼鏡にかなったようで、1記事で2万PVとか達成してもう訳が分からない状態だったのです。


この時の運営報告は「XX万PV達成!」とか「人気記事TOP5」とか書いた気がします。 憧れていた報告が出来て感無量でした。妻にも興奮しながら話したら「ふ~ん、それってすごいの?」って言われたのは今でも忘れません。


その頃、運営報告をしていて良かったと感じたあれこれはこんな感じ。

  • 自分の成長に気付ける

毎月PVを調べて記事にするので成長したなーと感じます。

  • ブログに対するモチベ―ションが保てる

今月は前回のPVを越すぞ!と前向きに考えることができました。

  • PVを公開することでブログの宣伝にもなる

あんまりアクセスのないブログよりも、PVが多い方が見てみようって気になりますよね。

  • 誰かに認めてもらったり褒めてもらえる

スターやブコメでおめでとうを言ってもらえると嬉しいですよね。人は誰かに認めてもらいたい生き物だ、ってどこかで聞いたことがあります。


メリットばかりじゃないことに気付いた

それからも順調にPVは伸びていきました。実は7月は過去最高の5万PVに届きました。でもブログを始めて半年以上経ち、色々なことが分かってくると、なぜ運営報告をしているのかよく分からなくなってきたのです。


それどころか、逆に運営報告をすることのデメリットを感じ始めてきました。


人気記事を公開することによって真似される危険性があったり、PVを公開することでおおよその収入状況がバレてしまったり、毎月PVを稼がないといけないというプレッシャーになることもあります。


特にプレッシャーは大きくて、前回のPVを超えなきゃとか、今月少なかったら恥ずかしいな、とか思って体調が悪い時でも無理して記事を書いたこともあります。


また、先月全120記事を全て見直した時に気付いたことなのですが、ブログ運営報告記事は一時的なアクセスしか稼げないことが分かりました。アナリティクスで見ると、記事をアップした翌月にはまったくアクセスされません。そりゃそうですよね、だってその月限定の記事なんですから。


実際に、公開したその月には数百PVだった記事が、翌月には4PVでした。ちょっと目を疑いましたね。あれだけ苦労して書いた記事が4て。まぁ、内部リンクなどの工夫をしていなかった僕も悪いのですが・・・。


その記事を書く時間があるのなら、もっと検索流入されそうなネタで記事を書いた方が良いのかなぁと思ったわけです。特に僕のような普段ブログを書く時間がない人はなおさらです。


報告しなくなったら少し楽になった


そういった理由で、試しに報告をやめてみました。そして運営報告をしなくなって3ヵ月くらい経つわけですが、個人的には気が楽になりました。


今までは先月のPVを超えないといけないという思いがありましたが、今はそれがあまりないです。だって先月のPVは誰も知らないわけですから。

そのおかげで8月はニンテンドースイッチやり過ぎて記事数少なくてPV落ち込んだけど誰も知らないので全然気になりません(´ε` )


また、自分の成長はアナリティクスでPV数を見ればいいし、モチベーションは半年もやれば習慣付いているのでやる時はやります。そして目標に関しても、かっちり決めずに気楽にやるのが自分に合っている気がします。


ただ、過去を振り返ることで見えてくることもあるとは思いますので、半年とか100記事とか、毎月じゃなくてキリの良いタイミングで運営報告はしてもいいんじゃないかなとは思います。実際に100記事達成時には報告しました。

ブログ半年で100記事達成!記事TOP5、検索流入率などの解析結果による振り返り - Life is alright。


まとめ

メリット・デメリットをまとめてみます。


ブログ運営報告のメリット

  • 自分の成長に気付ける
  • ブログに対するモチベーションが上がる
  • 目標を定めることでやるべきことが明確になる
  • ブログの宣伝になる
  • 読者の方の反応は良い


ブログ運営報告のデメリット

  • 人気記事を真似される危険性がある
  • 収入がなんとなくバレる
  • 長くアクセスが稼げない
  • プレッシャーになる


最後に

最後になりましたが、この考えはあくまでも僕個人に合っている考え方です。上で挙げたメリットを最大限有効に使える方もいるでしょうし、僕が挙げた以外のメリットがある方もいるとは思います。運営報告それ自体は否定しません。というか僕自身他の方の運営報告読むのすごい好きですし。


ただ言いたいのは、なんとなく運営報告するのではなく、メリットデメリットも把握した上で自分に必要だと判断することが大事だということです。


とか言っておきながら、今後10万PVとか超えて嬉しさのあまり運営報告してたらごめんなさい。