Life is alright。

しろくまがいるブログʕ·ᴥ·ʔฅ

セルフメディケーション税制とは?分かりやすく解説。年間でいくらくらいお得になる!?

f:id:bucchiz:20170112235001j:plain

ドラッグストアで市販薬を購入した際のレシートを捨てていませんか?

実は市販薬の年間購入金額が一定以上であればお得になる制度(セルフメディケーション税制)が2017年1月より始まっています。

その制度について分かりやすく解説していきます。

 目次


セルフメディケーション税制って何?

2017年1月1日から始まっている市販薬の購入費に限定した医療費控除制度です。

普段から健康に気を付けた取り組みを行っている人に対して、市販薬の購入金額を所得から控除する制度です。

 

誰が対象?

健康診査予防接種がん検診等を受けており、年間の市販薬の購入金額が12,000円以上の人が対象です。

また、生計を一にしている家族・親族も対象です。

 

市販薬の種類は?

スイッチOTCと呼ばれる、特定の成分が配合されている医薬品です。

かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛の湿布薬などが対象です。

よく知られている薬としては下記があります。

  • ロキソニンS
  • ルルアタックEX
  • ユンケル
  • メンソレータム
  • ベンザブロック
  • フェイタス

ただし、有名でも対象外のものもあります。

簡単に知る方法としては、市販薬のパッケージに下記の識別マークがあれば対象です。

f:id:bucchiz:20170113233318p:plain

または、購入した時のレシートの商品の横に★マークがあれば対象です。

 

何をすればよいの?

平成30年以降の2月中旬から3月中旬の定められた期間に確定申告を行います。

具体的な手続きは税務署や国税庁のホームページで確認できます。

 

どれくらい得するの?

所得額と市販薬の購入額によって変わってきます。

例えば、課税所得額400万円で、市販薬の年間購入額が50,000円だった場合、減税額は11,400円になります。

課税所得400万円の場合の市販薬の年間購入額と減税額の関連性は下記の通りです。

15,000円の場合、900円お得!

20,000円の場合、2,400円お得!

25,000円の場合、3,900円お得!

30,000円の場合、5,400円お得!

35,000円の場合、6,900円お得!

40,000円の場合、8,400円お得!

45,000円の場合、9,900円お得!

50,000円の場合、11,400円お得!

薬をそんなに買わないよ!と思われるかもしれませんが、セルフメディケーションの対象は結構広いので、1年で考えると数万円になることも十分あり得ます。

 

まとめ

市販薬を購入したらレシートは取っておく

市販薬の年間購入金額が12,000円を超えた場合は確定申告を行う

普段から健康診断や予防接種、がん検診などを受けておく

 

以上セルフメディケーション税制について説明しました。

まだまだ好景気とはいかない昨今、今年から始まるこの制度をうまく利用して少しでも節税していきたいですね。